クラウドファンディングの仕組みを解説します

クラウドファンディングという言葉をご存知でしょうか。これは、ある事業を開始しようと考えている個人あるいは事業体が、不特定多数のインターネット使用者に対して資金融通を募集して資金を獲得し、その資金を活用して事業を行ない、利益を出資者に還元するという仕組みになっています。

資金投資をする側からすれば、投資信託と似ている感覚ですが、投資信託よりも投資する事業の内容がより具体的に見える点が特徴です。また、投資信託のようないろんな手数料を負担する必要がなく、内容によっては還元率が相当高いこともあり得ます。

クラウドファンディングを始めたい方はぜひ当サイトで各ファンドの比較をしてみてください。当サイトでは、優良なクラウドファンディングの情報をたくさん扱っています。ある程度安全性が高いファンドを選定しているので、比較的安心してファンド選びをしてもらうことができます。

A-port

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★

A-portはクラウドファンディングのサイトです。クラウドファンディングは今までの融資等でお金を集めて事業を始めるやり方とは違います。不特定多数の一般の人からお金を集める全く新しい事業の仕組みになります。

A-portでは実に多様なプロジェクトが紹介されています。その中から自分が気に入ったプロジェクトがあれば自由に投資することが出来ますので、ショッピング感覚で好きなプロジェクトを応援することができます。

現代的な非常に見やすいサイトデザインになっています。ごちゃごちゃとした煩わしい表記がないので、非常に短期間で必要な情報を見つけることが出来ます。これならプロジェクトが多くても、探したいものがすぐ見つかります。

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★

クラウドクレジット(CROWD CREDIT)とは、投資をしながら社会貢献も出来るサービスです。高利回りの海外ファンドを扱っているという所が、他にはない強みの一つです。伊藤忠商事や三菱などの大手から出資を受けているので安心して利用できます。

クラウドファンディングとは、インターネット上で第三者に協力してお金を提供したりする事です。クラウドファンディングは、寄付型のものや購入型のものなど、いくつかのカテゴリに分けられるのですが、その中には、ソーシャルレンディングという融資型のクラウドファンディングがあります。インターネット上でお金を貸したい人と、借りたい人を結びつけるサービスです。

その仕組みは複雑そうに思えますが、実はそんな事もありません。資産運用の一つとして、高利回りな海外ファンドに投資をするだけです。もちろん、リスク管理は必要ですが、不安な場合は小額から始める事も出来ますし、海外ファンドを扱っているだけあって他の通貨でも参加できます。まずは、1万円から始めてみるのも良いと思います。

海外投資型クラウドファンディング

PocketFunding

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★
サービス内容 ★★★★★

PocketFundingは沖縄を中心としたクラウドファンディングで、沖縄を中心とした全国各地の優良な融資物件を取り扱っています。仕組みとしては比較的簡単で、借主が申し込み、融資に対する審査を行い、審査に通った物件だけが、クラウドファンディングで融資を集めることが可能です。

一般的には借主が営業する会社を通じてPocketFundingの審査を受け、審査に通った物件だけが投資家たちの目に止まるため、借主が申し込んでから投資家の目に留まるまで多少時間がかかります。しかし、融資の手続きなどは迅速に行われることになっているため、安心できるでしょう。

利用する投資家は口座を開設し、口座から投資する金額をやり取りします。元金・投資した額の分配金に関しても、口座を通じてやり取りする為、口座の残高を確認することが必要です。

新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

Crowd Bank(クラウドバンク)

総合評価 ★★★
満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

Crowd Bank(クラウドバンク)は、日本クラウド証券株式会社が一般個人を始め多くの人達の資金を集約して運用しています。今まで個人で優良案件へ投資することが難しかったのですが、インターネットの仕組みを活用することで、個人から法人まで利用ができる融資型クラウドファンディングサービスの提供を受けられるようになりました。クラウドバンクにより資産を集約することで、個人が少額からでも太陽光発電ファンドや米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンドなどの大型案件に投資して分配を得ることができます。

クラウドファンディングの仕組みによって、短期の運用でも好利回りが実現可能となっているのが特長です。貸付ファンドで気になる期間の長さや換金性の低さも、クラウドバンクの貸付ファンドであれば対応が可能となっています。さらに分配金と償還金を再投資すれば複利効果により、より高い利回りを得られる可能性もあります。

Crowd Bank(クラウドバンク)は、証券会社が提供する日本初のソーシャルレンディングサービスとなっています。金融商取引法により求められるコンプライアンス体制と自己資本規制比率などの財務基準をクリアしているため、運営に関して高い透明性をもち実績や専門知識を活かすことで長期間に渡って投資家の資産形成の手伝いをしてくれるのです。投資家の資産が増えるほどクラウドバンクにも利益がもたらされるので、投資家と企業だけでなくクラウドバンクの3者とも利害を一致させる仕組みとなっています。

新しい投資のカタチ クラウドバンク

FUNDINNO

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★
利便性 ★★★★
情報充実度 ★★★
サービス内容 ★★★★

FUNDINNOが展開しているクラウドファンディングは、従来のものとは少し違った印象を受けるかもしれません。なぜなら、FUNDINNOのクラウドファンディングは、個人や企業が広く一般の方に対して、形にしようとする意志や、企画に投資を持ちかける仕組みに対して、既に動き出している最先端のベンチャー企業のプロジェクトへ直接投資しようという仕組みだからです。こうしたファンディングにより、取引量としては、日本一を続けています。

FUNDINNOには、プロの投資家も多数登録されています。なぜなら、それだけ有望でハイリターンが予測できるベンチャー企業が、多く事業者登録しているからです。もちろん、一般の方が中心ですので、より多くの投資が集まる企業の動向が分かると云うのも、魅力の一つなのではないでしょうか。こうした仕組みから、投資家とベンチャーをつなぐ懸け橋として機能しているのは喜ばしい事です。

FUNDINNOでは、投資家の方々をエンジェルと呼んでいます。こうしたエンジェル投資家の支援により、次々と新しいプロジェクトが成立しています。最先端のベンチャー企業の株主になることで、更に投資が身近になってくれればよいと考えています。

【FUNDINNO】株式投資型クラウドファンディング

Readyfor

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★
サービス内容 ★★★★

Readyforではやりたい事がある人のためにクラウドファンディングによってサポートをしており、資金調達を手助けしています。やりたい事があるけれど資金調達の方法が分からないという人のためにクラウドファンディングの仕組みを理解してもらってサポートしています。

社会貢献をしたいけれど資金が無いという人の為に、Readyforではクラウドファンディングによって資金調達のサポートをしています。クラウドファンディングで資金協力を行った人にとっても社会貢献の一端を担う事ができるので、チームとして社会貢献を実施する事が可能です。

Readyforはいつでも誰でもどのような案件でもクラウドファンディングによってサポートする事ができる仕組みづくりをしています。平日の9時から17時までの営業時間以外でもメールでの問い合わせをする事ができるので、サポートを受けたい時にいつでも相談する事ができます。

クラウドファンディング」の魅力とは

事業を新しく始めたいと考えている人は、どのようにして資金を調達していけば良いでしょうか。昔の時代では銀行等の金融機関からの借り入れが一般的でした。ですが、こうしたやり方には問題点もありました。銀行も商売としてお金を貸し出すので、気軽には貸し出しできません。自分達の利益をきちんと確保するために、通常はそれなりの担保になるようなもの、例えば不動産を要求してくることが一般的です。ですが、こうした借り入れ方法だと、資産を持っていない人もいますので、誰もが気楽に借りることが出来ません。また、無担保等の借り入れも利息が厳しすぎで、負債を返済できなくなってしまうケースもあります。そこで、従来とは違った新しい資金調達の仕組みが注目される様になってきています。その一つがクラウドファンディングです。

クラウドファンディングの仕組みは従来のように金融機関からお金を借り入れるものではありません。インターネット上から不特定多数の資金提供者を募って募集するという新しいやり方です。まず初めに、クラウドファンディングを提供している会社に自分のプロジェクトを持ち込みます。そうすると適正なプロジェクトがどうか、会社が審査を行います。その審査に認められると正式に多くの人へ募集できます。募集方法は自分がこうしたプロジェクトをしたいと簡潔に記入して、出資額に応じた返礼品やサービスを提供するものになります。今までのような金融機関と交渉して行くやり方ではなく、不特定多数の人に呼びかけていく仕組みになりますので、一般消費者が魅力だと思えるようなアピール方法が必要になってきます。

クラウドファンディングのメリットは借り入れる側、出資する側の両方にあります。先にも書いたように借り入れる側は以前のように担保が必要ありませんので、リスクがより小さくなります。これならば何かやりたい人は気軽に挑戦できます。また、不特定多数の人に呼びかけられますので、多数の人から出資を募れます。事業が魅力的ならばとても多くの人が出資しますので、アイディアが良ければ、とても大きな金額を集めることが容易になりました。また貸し出す側も以前は金融機関等の限られた人しか出資は出来ませんでしたが、まるでショッピングサイトのように気軽に出資が出来るようになってします。これならば、自分が気に入ったプロジェクトに気軽に投資できるので、応援したい人は簡単に応援できる様になりますね。