クラウドファンディングの種類を理解する

TOP > クラウドファンディングの仕組みについて > クラウドファンディングの種類を理解する

クラウドファンディングの種類を理解する

ビジネスなどを行うとき、自己資金があるならそれを使えばいいでしょう。
既に一定の事業を行っていればそれなりに資金があるかもしれませんが、新たに事業を始めるとき、まだ規模が小さい時などは十分な資金がないかもしれません。
自己資金で足りないのであれば外部から融資を受けたりすることで事業資金を得て運営を行えます。
一般的に融資を受けるといえば金融機関を利用することになりますが、金融機関からだと返済するときの金利が高かったり、融資に対する審査が厳しかったりと容易に受けられないときもあります。
そこで利用を検討したいのがクラウドファンディングです。
クラウドは群衆を意味し、広くいろいろな人から融資をしてもらってそれを使って事業を行います。
一口にクラウドファンディングと言ってもいくつかの種類がありそれぞれで仕組みが異なります。


良く利用されているのは融資型クラウドファンディングで、事業者を通じて投資家に向けて情報を発信し資金調達をすることができます。
投資家はそれぞれの投資案件を比較して、金利であったり事業内容に納得できれば投資をすればいいでしょう。
基本的には事業がうまくいけば元本と利息を投資家に返却することになるので、お金の流れとしては金融機関から融資を受けるのに近いと言えるでしょう。
仲介業者はあくまでも仲介をしてくれるだけですが、融資を受ける側も投資をする側も仲介業者がいるからこそ安心することができるでしょう。
仲介をする業者は金融商品取引法により登録された業者しか行うことができません。
確実に融資を受けたいのであればこちらのサービスを活用すれば短期間に資金を集めて事業に使えるようになるでしょう。


その他には寄付型や購入型があり、寄付型のクラウドファンディングは基本的に受けた資金の返却は行いません。
ボランティア事業などで使われることが多いでしょう。
購入型は受けた融資の返済をサービスや商品で行う方法です。
魅力のあるサービスや商品を作ることを提案し、それに共感する人から資金を集めます。
成功したらお金や利息ではなく完成したサービスや商品を提供して終わりです。
ファンド投資型のクラウドファンディングや株式投資型のクラウドファンディングは融資と異なり出資に近い形になります。
投資家から資金を受けて事業を運営し、利益が出た時に分配金や配当金を支払います。
株式投資型は上場をしていない新興会社等への投資を可能にしますが、事業がうまくいくかどうかはわからず、投資をする側からするとリスクが大きいかもしれません。