寄付型と購入型クラウドファンディングの仕組みとリターンについて

TOP > クラウドファンディングの仕組みについて > 寄付型と購入型クラウドファンディングの仕組みとリターンについて

寄付型と購入型クラウドファンディングの仕組みとリターンについて

クラウドファンディングは資金を集める方法の1つで、比較的最近になって社会に定着してきた手法です。
クラウドファンディングの仕組みはオンライン上で、複数の人から資金を集めるもので、従来までの銀行からの融資や自治体から補助金の交付を受けるものとは抜本的に異なります。
ひと口にクラウドファンディングと言っても数種類の方法があり、種類別に仕組みも違います。
寄付型は募金と同じ流れをインターネット上で行うものです。
海外で特定の活動を行うために必要な資金を集める場合や、被災地への支援金のために利用されることが多いです。
曖昧な目的のための資金調達ではなく、具体的な目的を持つ活動を支援する方法として定着しています。
従って、寄付型は個別に具体的なプロジェクトに対して寄付を募る方法です。
仕組みは発案者が申込み用のホームページを作成して、そこから集金を行います。
クラウドファンディングの事業者も存在しており、事業者が参加するときは発案者本人やプロジェクトの内容の審査をしてからホームページに掲載することが可能です。


購入型は業者が積極的に参入して行う方法で、特定の物やサービスを買うために資金の調達をします。
寄付型は参加者にリターンはありませんが、購入型は参加者に物やサービスのリターンがあります。
不特定多数の人がお金を支払ってクラウドファウンディングに参加すれば、後に特定の物などを購入できる仕組みです。
予約タイプの通販サイトに近い仕組みで、参加すれば割引サービスを受けられるなどの特典が付いているものも存在します。
購入型は事業者が主導で行う仕組みで、プロジェクトを載せるホームページを作成します。
資金を集めたい人は事業者を経由して公式ホームページ上の作成をする流れです。
資金調達を行いたい者はプロジェクトの内容をしっかりと固めることが重要で、実現が難しいものは事業者の審査で落ちる可能性が高いです。


購入型は2種類の仕組みがあり、オールインタイプとオールorナッシングタイプに分かれます。
オールインタイプは予め出資を募りたい金額と期間を設定して、その期間内に資金の募集ができます。
設定した目標金額に達することが無くても、集まった資金を受け取れる仕組みです。
オールorナッシングタイプは指定の期間内に目標金額に到達しなければ、集金したお金を受け取ることができません。
そのために購入型クラウドファンディングで資金調達をしたい人は、どちらのタイプを選択するか十分に考えることが重要です。
購入型は支援者に対してサービスや物を提供するので、普通に買う場合よりも値段が安いことや特別なイベントに参加できるなどの特典があります。
寄付型と購入型の他にも金融商品を扱うタイプもあり、金融商品のために融資を募る場合は法律上の登録が必要です。